黒にんにくと高麗人参サプリメント

サプリメントを選ぶときに、一粒で色々な栄養を摂れるものだとお得感がありますよね。
高麗人参と黒にんにくを同時に摂れるサプリメントが今話題のようです。
どちらも健康食材として知られていますが、なんだかすごくスタミナが付きそうな気がします!

高麗人参の主な有効成分はサポニン・ビタミンB1,B2・マグネシウム・亜鉛・カリウム・必須アミノ酸などです。
これだけでも充分に感じられます。
一方黒にんにくの方はポリフェノールやS-アリルシステインが含まれています。
黒にんにくは生のにんにくを発酵・熟成することでポリフェノールが5倍以上に増えて、にんにく臭も少なくなるようです。

高麗人参と同じく、「疲労回復効果」が期待されます
実は紀元前3000年前、古代エジプトでピラミッドを建設しているときも労働者たちは疲れを癒すためにニンニクを食べていたんだとか。
日本でも「極暑の薬草」と昔から言われ、夏バテ予防に使われてきました。

そのニンニクを熟成しているのが黒にんにくなのでいかにパワーがすごいのかよく分かります。
前述の「S-アリルシステイン」ですが、これは水溶性含流アミノ酸です。
コレステロール値を低下させたり、抗酸化作用があります。これは高麗人参のパワーと似ていますね!

そんな黒にんにくを高麗人参と合わせて摂ることにより、抗酸化でさびない体を作り、血の巡りを活性化することができるんです。
実際に高麗人参と黒にんにくのサプリメントを併用している人によると、「体が強くなったように思う」「疲労回復が早くなった」「冷えに強くなった」との意見が多く、生命力が増しているように感じている人が多いことがわかります。
現在すでに高麗人参単体のサプリメントやドリンクを飲んでいるという方は、黒にんにくは自宅で作れるので大変ですが試してみてはいかがでしょうか。

レシピサイトによると、炊飯器の中に並べて、3日間保温。
その後、強烈なにおいがするニンニクを網に並べて2日ほど干して、また一日炊飯器で保温する。炊飯器の保温と網で干すのを20日間ほど繰り返すことで、熟成されて臭いがしなくなり、プルーンのような味になるようです。
なんだか大変な工程のように感じますね。
大量に作る場合は良いのですが、自分一人の分だけで構わないという方はやはり市販されたものをおすすめします。